ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、 営業窓口からご確認ください。

2015年10月15日
株式会社 日立情報通信エンジニアリング

データセンターおよび企業向けSDNソリューションを販売開始

「誰でも」「簡単に」ネットワークの運用管理を実現

株式会社 日立情報通信エンジニアリング(代表取締役社長:小菅 稔、本社:神奈川県横浜市)は、データセンター・クラウド基盤向け、および企業・社会インフラ向けSDNソリューションの販売を開始しました。当社は、シスコシステムズ合同会社(以下、Cisco社)のSDNシステムをベースに、使いやすさと効率性を追求したSDNアプリケーションを開発し、お客さまの業務に役立つソリューションをご提供します。IT運用管理者の方々でしたら、「誰でも」「簡単に」ネットワークの運用管理が実現できます。

IoT時代の到来により、データ通信を伴うシステム利用が急増する中、SDNを導入し、ネットワークを構築・運用する動きが急速に広がっています。SDNは、IT運用管理者が1台の制御端末から、複雑かつ膨大なネットワークを制御できるようになるため、これまで手作業で行っていたネットワークの構築や変更作業の煩雑さを解決し、効率化を図ることができます。SDN市場はデータセンターから一般企業へと拡大し、今後益々の成長が期待されています。

当社は、Ciscoゴールド認定パートナーとしての強みを生かし、数多くの導入実績を誇るCisco社のデータセンター・クラウド基盤向け、および企業・社会インフラ向けSDNシステムをベースに、利便性の高い独自のSDNアプリケーション「Hitachi SDN Assist Kit 」を開発しました。
本アプリケーションは、Cisco社のSDNシステムとの連携により、その利便性を向上させ、効率的なネットワークの運用管理を可能とします。例えば、従来ITの現場において1台ずつ手作業で行っていたネットワーク機器の設定作業を自動で一括投入したり、設定内容の確認が容易になることで迅速に修正データを投入したりするなど、業務の効率化や作業時間の短縮化が可能となります。

当社は、実績豊富なCisco社、ならびに日立グループと連携し、ネットワーク製品からサーバ、ストレージまでを取り揃え、導入コンサルから運用保守までワンストップで、お客さまのニーズに対応したソリューションを提供してきました。
このたび、長年にわたり得意としてきたインフラネットワーク構築技術に、本SDNソリューションを新たにラインアップとして加えたことで、これまで以上に付加価値の高いネットワークソリューションの提供が可能となりました。さらに、SDN導入を検討されているお客さまには、当社の「日立情報通信エンジニアリング大崎ソリューションセンタ」を活用いただくことで、実機でのシステム検証を可能とし、効率的な導入を支援しています。当社は、引き続き、SDNの導入効果をさらに高めるメニューの拡充を図り、幅広いお客さまニーズに対応したSDNソリューションの提供に努めてまいります。

本発表に関するシスコシステムズ合同会社 執行役員 システムズエンジニアリング担当 兼 SDN応用技術室長 財津健次 氏 のコメント

シスコは、日立情報通信エンジニアリング様の「データセンター・クラウド基盤向け、および企業・社会インフラ向けSDNソリューション」の販売開始を歓迎いたします。
ビジネス環境の急激な変化に迅速に対応するIT基盤が求められる今日、日立情報通信エンジニアリング様のSDNソリューションを、Cisco ACI*1やCisco Prime Infrastructure *2を始めとする弊社製品と共にご導入いただくことで、お客さまは運用の効率化、拡張性の向上により、大幅なTCO削減と新たな付加価値をもたらすと確信しております。
シスコは日立情報通信エンジニアリング様のSDNソリューションと共に、お客さまの課題解決とビジネス促進を全面的に支援いたします。

*1
Cisco ACI:Cisco Application Centric Infrastructureの略。機器の追加や交換、OSのバージョン変更などをコントローラが一括設定し、集中管理するデータセンター・クラウド基盤向けSDN。
*2
Cisco Prime Infrastructure:Config設定の自動化や無線LANと有線LANの統合監視など、設定から監視までライフサイクル全体を管理する企業・社会インフラ向けSDN。略称は、Cisco PI。

SDNアプリケーションについて

(1)Hitachi SDN Assist Kit for APIC-DC*3

本製品は、Cisco ACIの機能を補完する目的で開発したアプリケーションです。Cisco ACIで設定したプロファイル結果をMicrosoft® Excel®に表示したり、修正してコントローラに反映できたりするようになるなど、機器とポリシーの関連性といった確認作業が容易になります。これにより、IT運用管理者のネットワーク設定におけるヒューマンエラーを低減します。

(2)Hitachi SDN Assist Kit for PI

本製品は、Cisco PIの機能を補完する目的で開発したアプリケーションです。設定データを変更する場合に、Cisco PIのテンプレートに設計値を手入力するのではなく、Microsoft® Excel®等で作成した設計値(パラメータシート)を直接インポートすることができるため、設定ミスの削減と作業効率の向上が図れます。

*3
APIC-DC:Application Policy Infrastructure for Data Center

問い合わせ先

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

お客さまお問い合わせ先

株式会社 日立情報通信エンジニアリング
営業統括本部 営業戦略本部 [担当:一ノ瀬]
〒220-6122 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 25階
電話:050-3163-1755(直通)

報道機関お問い合わせ先

株式会社 日立情報通信エンジニアリング
経営・事業企画本部 企画部 [担当:中村]
〒220-6122 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22階
電話:050-3163-5726 (直通)

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。