ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、 営業窓口からご確認ください。

2015年7月15日
株式会社 日立情報通信エンジニアリング

医療機関向けX線フィルムスキャナーを中国で販売開始

株式会社 日立情報通信エンジニアリング(代表取締役社長:小菅 稔、本社:神奈川県横浜市)は、このたび、日本国内の病院や地域医療センターなどの医療機関で広く導入いただいている医療用X線フィルムスキャナー「X線フィルムディジタイザ CP-X610M」を今後需要拡大が見込まれる中華人民共和国(以下、中国)向けに本日より販売を開始します。

中国では、医療サービス水準の向上を目的として、政府主導で医療システムのIT化が進められており、特に医用画像管理においては、X線フィルムなどの医用画像のデジタルデータ化が推進されています。そのため、中国医療業界における医療用フィルムスキャナー製品の需要拡大が見込まれています。


X線フィルムディジタイザCP-X610M

当社は、OCR製品で培ってきたスキャナー技術を活用し、医療用X線フィルムスキャナーを開発、1999年より日本国内向けに販売してきました。販売台数シェア約40%を誇り、多くの医療機関でご利用いただき、高い評価を得ています。このたび、中国の医療IT 化の取り組みに対応するため、フィルムスキャナー「X線フィルムディジタイザ CP-X610M」のラインアップに中国向けモデルを追加しました。「X線フィルムディジタイザCP-X610M」は、X線フィルムの高速画像読み取りと高精細データ化によりフィルムレス化を実現し、医療ITシステムへのデータ登録および活用が可能となります。その結果、遠隔医療への活用や、今まで人手によって行っていたフィルムの管理・検索の手間を大幅に削減することができます。また、日々増え続けるフィルムの保管場所の確保が不要となり、スペースの有効活用も可能です。
なお、本製品は、株式会社日立メディコ 国際サービス本部の支援のもと、日立医療器械(北京)有限公司を販売会社として、北京、上海、広州など中国の主要地域で販売します。

本発表に関する日立医療器械(北京)有限公司 総監 黄 啓文 のコメント

このたび、日立情報通信エンジニアリングのX線フィルムデジタイザの販売と保守を担い、中国における政策であるIT化、デジタル化に一層の貢献ができることになり、大変嬉しく思います。
販売にあたっては、当社グループの日立メディコ製品であるデジタル画像診断機器とともに、医療用画像管理システム(PACS: Picture Archiving and Communication Systems)と連携した画像入力ソリューションとして、中国市場への導入拡大を図ってまいります。
今後も、当社は日立情報通信エンジニアリングとともに、中国における医療機関向けビジネス推進のため、協力関係を強化してまいります。

日立医療器械(北京)有限公司について

会社名 日立医療器械(北京)有限公司
所在地 北京市朝陽区東三環北路19号中青ビル22F 2206室
設立年 2002年11月1日
資本金 756万USD
総経理 郎 明
事業内容 日立メディコの製品である磁気共鳴装置(MRI)、X線CT装置、X線診断装置等の画像診断機器に関する販売、保守、技術サポートなど
ホームページ http://www.hitachi-medical.com.cn/

X線フィルムディジタイザCP-X610Mの中国向けモデルに関する主な仕様および出荷開始時期

形名 主な仕様 出荷開始時期 販売目標
CP-X610MAFN 読み取り方式:CCD&フィルム搬送方式
読取光学濃度:0.0〜4.0 O.D.
読取出力:16bit/12bit/8bit (画素)
読取線密度:570dpi/300dpi
/150/75dpi
外形寸法:W490×D240×
H729mm
2015年
8月下旬
今後3年間で
600台

「X線フィルムディジタイザ CP-X610M」に関するホームページ

(日本語サイト) http://www.hitachi-ite.co.jp/products/x_ray/index.html

(中国語サイト) http://www.hitachi-ite.co.jp/cn/products/x_ray/index.html

問い合わせ先

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

お客さまお問い合わせ先

株式会社 日立情報通信エンジニアリング
営業統括本部 第4本部 [担当:勝呂(すぐろ)]
〒220-6122 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 25階
電話:050-3163-1797(直通)

報道機関お問い合わせ先

株式会社 日立情報通信エンジニアリング
経営・事業企画本部 企画部 [担当:中村]
〒220-6122 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22階
電話:050-3163-5726 (直通)

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。