ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、 営業窓口からご確認ください。

2013年1月9日
日立情報通信エンジニアリング株式会社

研究者情報管理システムのクラウドサービスを提供開始

〜 ReaD&Researchmapの新様式にもいち早く対応 〜

日立情報通信エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:小菅 稔、本社:神奈川県横浜市)は、クラウドサービスにも対応した大学向け研究情報の一元管理ソフト「研究者情報管理システム」の新バージョン(V6.0)を、本日より販売開始します。

「研究者情報管理システム」は、大学の研究者の業績情報を一元管理するシステムです。大学にて研究者の業績を蓄積・管理・公開することで、学内外のコミュニケーション促進や大学評価に活用できます。
今回のバージョンアップで、国内最大級の研究者総覧データベース「ReaD&Researchmap」とのデータ交換の最新様式をサポートしました。また、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」のメニューの1つとして、「研究者情報管理システム」を月々固定額でご利用いただけるクラウドサービスを、2013年1月より提供開始します。

クラウドサービス概要図クラウドサービス概要図

新機能および特長

(1) ReaD&Researchmapの新様式にいち早く対応

2012年9月に公開されたReaD&Researchmapデータ交換システムの新様式(XML-2012-1形式)に対応しました。研究者情報の全入力項目を更新できます。

(2) ReaD&Researchmapの研究者情報取り込み機能をサポート

ReaD&Researchmapから取得した研究者情報を、初期データ登録などに利用できます。

(3) 管理者による登録画面のカスタマイズ機能をさらに充実

大学独自の入力項目を自由に追加できます。また、追加した項目を簡単に公開することも可能です。

(4) 公開画面のデザイン向上

公開画面を、より視認性の高いデザインに変更しました。

(5) クラウドサービスの提供

サーバ資産が不要で、短期間で導入できます。また、サービス利用料に問い合わせサポート費用やサーバ管理費用が含まれているので、低コストで運用できます。

参考価格および出荷開始・サービス開始時期

製品・サービス名 参考価格(税込) 出荷開始・サービス開始時期
研究者情報管理システム V6.0
標準版(オンプレミス)*1
577万5,000円〜 2013年1月
研究者情報管理システム V6.0
Light版(オンプレミス)*1
※Light版は英語入力画面なし
262万5,000円〜 2013年1月
研究者情報管理システム V6.0
クラウドサービス*2
月額10万5,000円〜
初期導入費用39万9,000円〜
2013年1月
*1
基本システムおよびユーザーライセンス(100名〜)。システムインテグレーションサービスなどは含みません。
*2
基本システム利用、クラウド基盤利用、運用支援サービス、問い合わせサポートサービスなど。

関連情報

報道関係問い合わせ先

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

日立情報通信エンジニアリング株式会社
経営・事業企画本部 企画部[担当:中村]
〒220-6122
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22F
電話:050-3163-5726 (ダイヤルイン)

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。