ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、 営業窓口からご確認ください。

2012年3月28日

トータルセキュリティサーバ「SC@value-SV」を販売開始
物理セキュリティと情報システムのスムーズな連携を実現

〜 最大30万人・8千リーダに対応できる新入退管理システム「CyberGatevisionIII」も同時販売 〜

日立情報通信エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:若井 勝郎、本社:神奈川県横浜市)は、セキュリティ強化と利便性向上の両立を目指す「SC@value」のさらなる強化のために、物理セキュリティと情報システムの連携を実現したトータルセキュリティサーバ「SC@value-SV(エスシーアットバリューサーバ)」を本日より販売開始します。また、「SC@value-SV」に対応した新入退管理システム「CyberGatevisionIII(サイバーゲートビジョンスリー)」を同時に販売開始します。

当社は、2010年に「安心・安全で便利・快適なオフィス環境の提供」をコンセプトとして、入退管理システムを中心にセキュリティソリューションを体系化したトータルセキュリティソリューション「SC@value」を発表しました。今回、物理セキュリティと情報システムとの連携を前提としたアーキテクチャを採用し、連携に必要な「高速処理」「大量イベントデータ処理」「情報システム連携処理」が可能なトータルセキュリティサーバ「SC@value-SV」を製品化しました。この「SC@value-SV」により、物理セキュリティシステム、情報システムを問わず各種システム(図1参照)をスムーズに連携でき、セキュリティ強化と利便性向上の両立が可能なソリューションを提供します。

「SC@value-SV」は、入退管理システムをはじめとした各種システムの負荷増大やデータ量増大に対して、柔軟に性能向上(スケールアウト)を図ることができます。これにより、高速レスポンスでスムーズな稼動を実現し、将来へのシステム拡張にも柔軟に対応します。さらに、サーバ仮想化にも対応し、システムのTCO(Total Cost of Ownership)削減と冗長構成による可用性の向上を図ることができます。
また、「SC@value-SV」に対応した新入退管理システム「CyberGatevisionIII」を提供します。

図1.「SC@value」の全体像
図1.「SC@value」の全体像

新入退管理システム「CyberGatevisionIII(サイバーゲートビジョンスリー)」の概要

1.概要

「CyberGatevisionIII」は、各種システム連携を可能とするトータルセキュリティサーバ「SC@value-SV」に対応した新入退管理システムです。

2.主な特長

(1)基本機能

非接触ICカードを用いた入退管理システムです。ICカードは、FeliCa、MIFRAE、ISO/IEC14443 TypeB*1に対応しています。
最大構成は、利用者数30万人、リーダ数8,092台まで対応できます。
32ドア以下の小規模構成向けに、コストパフォーマンスに優れたLiteモデルも提供します。

(2)スムーズなシステム連携

「SC@value-SV」を利用することでシステム間のスムーズな連携が可能です。例えばBACnet*2プロトコルを用いたビル設備システムとの連携が可能になります。これにより、所定エリアを最終退出した後、照明や空調を制御するなどの効果的な省エネ対策ができます。

(3)利用者の属性による入室許可権限の割り当て機能

従来はカードIDを用いた入室許可の設定しかできませんでした。本製品では、利用者の属性(職位、所属、勤務地など)を用いて入室許可の設定が可能です。
ID管理システムと連携させることで、人事異動時でも入退管理システムのID登録・変更・削除と入室許可の設定を自動化でき、運用管理者の利便性を大幅に向上できます。

(4)移行性の確保

従来製品である「CyberGatevisionU」のコントローラ、リーダ機器をそのまま流用することができます。これにより、導入したハードウェア資産を有効利用できます。また、段階的なシステムの移行もできます。

*1
個別見積りによる対応となります。
*2
BACnet(A Data Communication Protocol for Building Automation and Control Networks): ANSI/ASHRAE135-2004,ISO16484-5として規格化された、ビル管理システムの標準プロトコル

参考価格

  1. トータルセキュリティサーバ「SC@value-SV」
    ソフトウェア価格 40万円(税抜)〜
  2. 入退管理システム「CyberGatevisionIII」
    「SC@value-SV」と組み合わせた場合(32ドア) システム標準価格 724万円(税抜)〜
     ※電気錠、LAN、SE 費、工事費、保守費は別途。

販売開始時期

2012年3月28日

報道関係問い合わせ先

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

日立情報通信エンジニアリング株式会社
経営・事業企画本部 企画部[担当:中村]
〒220-6122
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22F
電話:045-227-2466 (ダイヤルイン)

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。