ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、 営業窓口からご確認ください。

2011年11月7日

入退管理システム「CyberGatevisionII」のラインアップを強化
1〜2ドア用新コントローラ「ダレーダET1」を販売開始
〜 初期導入した機器を活用して、大規模システムへも拡張可能 〜

日立情報通信エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:若井 勝郎、本社:神奈川県横浜市)は、入退管理システム「CyberGatevisionII(サイバーゲートビジョンツー)」に、1〜2ドア用のコントローラ「ダレーダET1」をラインアップに追加し、本日より販売開始します。

情報漏えい事件や個人情報保護法の施行により、セキュリティ対策の一つとして多くの企業で入退管理システムを導入するニーズが高まっています。すでに導入済みの企業においても、オフィス移転を機とした入退管理システムの切り替えや、従来未整備であった小規模拠点へも導入を拡大するニーズがあります。

これらのニーズに対応するため、「CyberGatevisionII」では、小規模向けのエントリ・モデルとして、1〜2ドア用のコントローラ「ダレーダET1」をラインアップに追加しました。このエントリ・モデルは専任の運用管理者は不要で、お客さまにて運用が可能なシステムです。これにより、下記のお客さまにおいても導入コストを低減してのセキュリティ強化が可能になります。

  • 小規模構成(1〜2ドア)の入退管理システムが必要なお客さま
  • 多拠点で利用して適用範囲を拡大したいお客さま

「ダレーダET1」によるエントリ・モデルのシステム構成例
図1.「ダレーダET1」によるエントリ・モデルのシステム構成例

システムの特長

新規にシステム導入をご検討中のお客さま向け

  1. 小規模構成での初期導入コストを低減
    「ダレーダET1」では、1ドア・1〜2リーダの構成が可能です。さらに2ドア・2リーダ(入室のみ)の構成にも対応可能です。これにより、システムの初期導入コストを低減できます。
  2. 中・大規模構成へ拡張可能
    さらに規模の拡張やセキュリティ強化を図りたい場合は、導入した機器をそのまま活用して、管理サーバを追加することで、中・大規模構成のセキュリティ強度の高いシステムへ拡張が可能です。

当社入退管理製品をご利用中のお客さま向け

  1. 「ダレーダET4」との混在利用も可能
    現行のコントローラ「ダレーダET4」を使用したシステムにおいて、「ダレーダET1」を増設したシステム構成も可能です。これにより、ドア数に応じたシステムの導入ができます。
  2. 「ダレーダII/III」からのシステム更改コストを低減
    「ダレーダET1」は、既存のコントローラ「ダレーダII/III」の上位機です。「ダレーダII/III」と「ダレーダステーション」の両機能を包含し、「ダレーダII/III」と外形寸法*1や取り付けネジ穴位置も同じです。これにより、システム更改時における工事費低減や施工設計工数の低減を実現できます。
*1
外形寸法(W×D×H) 250mm×50mm×300mm

参考価格

入退管理システム 2ドア(入室のみ)構成  530,000円(税抜き)〜
(CyberGatevisionIIエントリ・モデル; コントローラ「ダレーダET1」×1台、カードリーダ×2台、管理ソフト含む)
※電気錠、一般PC、LAN、SE費、工事費、保守費は含んでいません。

出荷開始

2012年3月〜

報道関係問い合わせ先

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

日立情報通信エンジニアリング株式会社
経営・事業企画本部 企画部[担当:中村]
〒220-6122
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22F
電話:045-227-2466 (ダイヤルイン)

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。