ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、 営業窓口からご確認ください。

2011年3月30日

Y-00方式高セキュア光モデム試作機を開発
トライアル試験に向けて貸出し開始

高セキュア光モデム試作機
高セキュア光モデム試作機

日立情報通信エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:若井 勝郎、本社:神奈川県横浜市)は、商用化されている光伝送システムの実用条件を満足した物理暗号伝送を実現する世界最高速度(*1)のY-00(*2)高セキュア光モデムを試作開発しました。
また本試作機は高セキュア光通信を検討しているお客さまへの貸出しサービスも実施いたします。

*1
2010年12月当社調べ
*2
光の性質を利用した物理暗号方式

現在の通信ネットワークでは、非暗号の平文あるいは数学的処理で暗号化を施した暗号文が通信路上に流れています。数学的処理による暗号化には解析プロセスが存在するため、解析用のコンピュータの性能向上や近似処理等を用いた新たな解析手法の発見により安全性が低下する可能性があります。 また、これまで光ファイバ通信は盗聴が出来ないとされてきましたが、技術革新により現在では盗聴できることが分かっています(参考文献1)。

このため、通信路上の情報は常に情報漏えいの危険にさらされる可能性があり、今まで以上に安全性の向上を考慮することが必要です。 特に今後拡大していくクラウドネットワーク社会においては多彩な情報を扱うため、それを保護する情報のセキュリティ技術はこれまで以上に重要な役割が期待されます。 Y-00方式は光が持つ物理的な性質(量子雑音)を利用した物理暗号であり、数学的な解析プロセスが存在しないことが量子力学によって証明されています(参考文献2)。

現在の通信は7つの階層(レイヤ1:物理層からレイヤ7:アプリケーション層までの階層)構造になっており、レイヤ1を除く各階層においてさまざまなセキュリティ技術が利用されています。Y-00方式は、これまで存在しなかったレイヤ1を保護するための初めてのセキュリティ技術であり、この導入でより高い次元の情報の安全性が実現できます。

当社は玉川大学(学長:小原 芳明、キャンパス:東京都町田市)と連携し、Y-00方式による高セキュア通信を研究し技術を蓄積してまいりました。今後はこの技術を適用した情報通信を中心に安心・安全な社会の実現に貢献してまいります。

 

光通信量子暗号(Y-00)について

Y-00方式は光が持つ物理的な性質(量子雑音)を利用した、高速大容量・長距離、低遅延通信を可能とする物理暗号です。光ファイバアンプによる中継伝送、WDM(光の波長多重)伝送にも適用可能であり、現在の光通信ネットワークに非常に親和性が高い点が特長です。

装置概要

項目
仕様
クライアント側インタフェース
(SFP)
ビットレート 1.25Gbps(GbE)/2.48832Gbps(STM-16)
波長 1290〜1330nm/1530〜1565nm
伝送路側インタフェース
(Y-00 )
ビットレート 2.48832Gbps
波長 1525〜1565nm
許容伝送損失量 15dB
変調多値数 4000値以上(基底数:2000値以上)
暗号鍵長 128/256ビット
誤り率 正規受信者 1×10-12 以下
盗聴者 4.5×10-1 以上
伝送距離 SMF:200km(中継伝送時)
適応光ファイバ SMF/DSF
電源(消費電力) AC100V(200W以下)

外形寸法

19インチラック 1Uサイズ (トランシーバ+電源)
質量 10kg以下

参考文献

参考文献1:S. V. Kartalopoulos, "Security of information and communication networks", John Wiley & Sons, New Jersey, 2009
参考文献2:O. Hirota, "Practical security analysis of a stream cipher by the Yuen 2000 protocol", Physical Review A, Vol. 76, 032307, 2007

報道関係問い合わせ先

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

日立情報通信エンジニアリング株式会社
経営・事業企画本部 企画部[担当:中村]
〒220-6122
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22F
電話:045-227-2466 (ダイヤルイン)

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。