ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、 営業窓口からご確認ください。

2010年10月21日

入退管理システムを核としたトータルセキュリティソリューション
「SC@value(エス・シー・アット・バリュー)」を提供

〜新コントローラと新カードリーダを販売開始〜

日立情報通信エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:若井 勝郎、本社:神奈川県横浜市)は、入退管理システム「CyberGatevisionII(サイバーゲートビジョンツー)」を核としてセキュリティソリューション群を体系化したトータルセキュリティソリューション「SC@value(エス・シー・アット・バリュー)」を発表いたします。
同時に、「CyberGatevisionII」に新コントローラ「ダレーダET4」と新カードリーダ「LV1」を追加し、導入が容易なコストパフォーマンスを実現しました。2010年10月21日より販売開始いたします。

企業の経営環境の変化とともにセキュリティリスク要因も多様化し、さまざまな対策が求められています。当社はこれまで「CyberGatevisionII」により、オフィス環境における入退室を制御するソリューションでリスク対策ニーズに応えてきました。この入退室情報を内部統制や業務効率の向上へ利用したいというニーズが高まっています。このような多様なニーズへ柔軟に対応するため、4つのソリューションを体系化したトータルセキュリティソリューション「SC@value」を発表いたします。

当社のトータルセキュリティソリューション「SC@value」のコンセプトは、「安全・安心で便利・快適なオフィス環境の提供」です。入退管理システムをはじめとする物理セキュリティ、情報セキュリティに映像セキュリティを組み合わせて、さらに業務システムとも連携可能なサービスをソリューションメニュー化して提供します。これらのメニューから選択していただくことにより、セキュリティシステムの容易な導入、セキュリティレベルの向上、および効率的な運用が可能になります。

トータルセキュリティソリューション「SC@value」のソリューションメニューは、下記の通りです。

  1. 入退セキュリティソリューション
    「CyberGatevisionII」にて培った経験とノウハウを基に、セキュリティゲートなどの物理セキュリティと連動させて、さらにセキュリティを強化させた「安心・安全」なサービスを提供します。
    また情報システムや業務システムと連携させることで、運用者の負荷軽減を図り、「便利・快適」なサービスを提供します。
  2. 映像監視ソリューション
    入退室の履歴に加え、映像による証跡管理により、「安心・安全」なサービスを提供します。
    多数IPカメラの導入時に不可欠かつ重要なネットワーク設計・構築サービスも提供します。
  3. オフィスセキュリティソリューション
    カードや指静脈認証を用いたPCログイン認証システムを提供するソリューションです。
    これらを入退管理システムと連携させることで、なりすましによるPCの不正利用を防ぎ、より「安心・安全」なサービスを提供します。
  4. サポートサービス
    ヘルプデスクやリモートによる運用支援により、「安心・安全」にご利用いただけるサービスを提供します。

さらに「SC@value」の中核となる入退管理システム「CyberGatevisionII」のラインアップに、コストパフォーマンスを向上させた新コントローラ「ダレーダET4」と、3.4インチ液晶タッチパネルと音声ガイダンス機構を持つ新カードリーダ「LV1」を追加しました。新コントローラ「ダレーダET4」とカードリーダの組み合わせにより、小規模なスタンドアロン構成も可能です。小規模構成から複数拠点に渡る大規模システム構成までスケーラブルに対応できます。お客さまが希望されるシステム構成に幅広く対応可能な入退管理システムを提供いたします。

新コントローラ「ダレーダET4」の特長

(1)コストパフォーマンス向上

1台の「ダレーダET4」で、最大4ドア(8カードリーダ分)に対応可能です。これにより、システム導入のコストパフォーマンスを大幅に向上させました。

(2)スタンドアロン構成も可能

初期導入が容易な小規模システム向けに、スタンドアロン構成が可能です。利用者数の増加に対しては、サーバを追加することで柔軟なシステム拡張が可能になります。

(3)Webブラウザによる運用管理機能を提供

クライアントに特定アプリケーションをインストール不要なWebブラウザによる運用管理・設定が可能です。

新カードリーダ「LV1」の特長

(1)業界トップレベルの高速認証

利用者にストレスを感じさせないように、これまでの当社カードリーダと同様、業界トップレベルの高速な認証が可能です。

(2)利用者に優しい液晶タッチパネル・音声ガイダンス機構

利用者にとって「便利・快適」な情報表示や音声通知が可能な液晶タッチパネル・音声ガイダンス機構があります。

写真:カードリーダ「LV1」
写真:カードリーダ「LV1」

参考価格

入退管理システム 小規模構成(スタンドアロン構成:コントローラ「ダレーダ ET4」×1台、カードリーダ「LV1」×8台)で 240万円(消費税抜き)〜
(別途工事費用が必要です。)

新コントローラ、新カードリーダの販売開始時期および販売目標

販売開始時期:2010年10月21日
販売目標:年間売り上げ24億円を予定

報道関係問い合わせ先

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

日立情報通信エンジニアリング株式会社
経営・事業企画本部 企画部[担当:中村]
〒220-6122
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22F
電話:045-227-2466 (ダイヤルイン)

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。