ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、 営業窓口からご確認ください。

2010年5月11日

ザイリンクス Virtex-6 FPGA を搭載した日立情報通信エンジニアリングの
システムレベル設計検証プラットフォーム LogicBench 新シリーズを発表

最高かつ最速レベルの Virtex-6 により大規模化、高速化を実現
従来比で論理規模を2.4 倍に拡大し組み込みシステム開発期間を大幅に短縮

ザイリンクス社(本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX)の日本法人であるザイリンクス株式会社(東京都品川区、サム ローガン 代表取締役社長)と、日立情報通信エンジニアリング株式会社(本社 : 神奈川県横浜市、若井 勝郎 代表取締役社長)は、最高で最速レベルの性能を実現する Xilinx® Virtex®-6 LX760 をはじめ Virtex-6 FPGA の複数のサブファミリを搭載した、システムレベル設計検証プラットフォーム LogicBench 新シリーズを発表いたします。LogicBench 新シリーズは、日立情報通信エンジニアリング株式会社より即日販売開始いたします。

写真: VirtualTurbo-III
写真: VirtualTurbo-III

日立情報通信エンジニアリング株式会社は、5月12日から14日まで東京ビッグサイトで開催される第13回 組込みシステム開発技術展(ESEC)にて、LogicBench 新シリーズから、ハード・ソフト協調開発プラットフォーム VirtualTurbo-III を展示、デモンストレーションを実施いたします。(ブース番号 : 東38-7)

LogicBench シリーズは、アルゴリズム設計や LSI 機能検証、ハード・ソフト協調検証から FPGA プロトタイピングのシステム検証まで、システム設計の全工程をカバーした検証プラットフォームです。システムレベルのモデリング技術を組み合わせることで、大規模 LSI 開発のアーキテクチャ探索やソフトウェア先行開発を早い段階から実現可能で、複雑なアルゴリズムを必要とする画像処理機器やネットワーク機器などの開発に最適なプロトタイピング環境を提供いたします。1998年の市場投入以来、累計で約 60 サイト、500 モジュール以上の販売実績を持ち、国内のプロトタイピング市場でトップクラスのシェアでご使用いただいています。これまで LogicBench シリーズは、ザイリンクスのフラッグシップ製品である Virtex FPGA の初代から歴代のデバイスを採用してきました。今回の Virtex-6 FPGA 搭載製品で第6代目となります。

日立情報通信エンジニアリング株式会社のエンベデッドテクノロジ事業部 プラットフォーム開発本部 DesignBench システムソリューション部 部長 山田政浩は「プロトタイピング市場では LSI 開発リスクの増大にともない、最近ではプロトタイピングを FPGA で行い量産もそのまま FPGA を使用するケースも増えてきています。Virtex-6 FPGA を搭載した最新の LogicBench では、論理規模を従来の 2.4  倍に拡大でき、ニーズが高かった大規模プロトタイプ環境構築の容易化が実現できます。大規模化と高速化により、上流設計段階でのアルゴリズム実証確認など新たな用途拡大がますます期待でき、当社ではこの LogicBench 新シリーズで年間 12 億円のビジネス獲得を見込んでいます。」と語っています。

ザイリンクス株式会社の代表取締役社長 サム ローガンは「日立情報通信エンジニアリング株式会社の LogicBench には、これまで 5 世代にわたりザイリンクスの最新 FPGA を採用いただいてきました。そこからもわかるとおり、日立情報通信エンジニアリング株式会社の開発チームは開発環境を熟知しており、プロトタイピング市場ではそのソリューション力は高い評価を得ています。当社としましては、これまでの実績に基づき今後も良きパートナーとして、大規模 LSI の開発期間の短縮など、ともに貢献していきたいと考えています。」と語っています。

LogicBench 新シリーズのキー デバイスとして採用している Virtex-6 LX760 デバイスは、最高かつ最速レベルの性能を実現する FPGA として本年 1 月にザイリンクス社が発表した製品で、強力な計算性能や大規模ロジックを必要とするアプリケーションに最適です。Virtex-6 LX760 デバイスを使用することで、かつてない大規模のプロトタイプやエミュレーションを行うことが可能になります。競合他社 FPGA に比べより多くの I/O 数を提供し、大規模LSI の論理の複数 FPGA へのパーティショニングを容易化します。また、フレキシビリティに優れた SelectIO™ テクノロジ、25,920kbit のブロック RAM など最先端の機能を提供し、システムレベルの機能確認やアプリケーションの事前検証における要件を満たしています。

LogicBench 新シリーズの主な特徴

モデル LogicBench Virtex-6
4FPGA モジュール
LogicBench Virtex-6
2FPGA モジュール
VirtualTurbo-III
PCI Express®ボード
搭載FPGA Virtex-6 LX760 FPGA 4個
  • Virtex-6 LX760 FPGA 1個
  • Virtex-6 LX550T FPGA 1個
  • Virtex-6 LX550T FPGA 1個
  • Virtex-6 LX240T FPGA 1個
実装可能論理規模 24M ASICゲート相当
(従来製品の2.4倍)
10M ASICゲート相当 5M ASICゲート相当
ボード
  • 高密度40層プリント配線基板(サイズ120mm×140mm)信号間ロースキュー、SI最適化設計を適用
  • FPGA間信号接続速度 500MHz (従来製品の2.5倍)
  • PCI Express Gen2ボード 最高Gen2 x8まで対応
  • LogicBenchベースボードとして利用可能
メモリ 大容量DDR3-SDRAM 大容量DDR3-SDRAM
外部インターフェイス 高速LVDS 業界標準ドーターカード FMC(FPGAメザニンカード)
  • 業界標準ドーターカード FMC(FPGAメザニンカード)
  • PC連動オプション(*1)
主な用途 携帯端末ベースバンド処理、マルチプロセッサ搭載など超大規模ASIC開発のプロトタイピングに最適 通信、画像処理など大容量メモリとリアルタイム動作要求の検証に最適
  • ハード・ソフト協調開発
  • アルゴリズム設計、論理シミュレーションのアクセラレーション
*1
C/C++プログラム、論理シミュレーション、SystemCシミュレーション(TLM2.0インターフェイス対応)、仮想プロトタイピング環境との連動のためのAPI、トランザクタを用意いたします。

LogicBenchシリーズの詳しい情報や価格などの問い合わせはWebサイトを参照ください。

ザイリンクスについて

ザイリンクス(NASDAQ:XLNX)は、プログラマブル プラットフォームのリーディング プロバイダです。詳しい情報は Web サイトで公開しています。

日立情報通信エンジニアリング株式会社について

日立情報通信エンジニアリング株式会社は、LSI、FPGA、ボードおよびシステムについて仕様の検討から設計、検証、製造までのワンストップ・サービスを提供しています。当社は、数百万ゲートから 1 千万ゲート超クラスの LSI を再製せずに開発・検証する実績を数多く持つシステムレベル設計検証プラットフォーム LogicBench シリーズと、社内の設計・検証エンジニアの持つ豊富な経験のシナジー効果により、お客さまの悩みを解決する組み込みシステム開発・検証ソリューションを幅広い分野に提供しています。詳細な情報は Web サイトで公開しています。

商標について

LogicBench、VirtualTurboは、日立情報通信エンジニアリングの登録商標です。
ザイリンクスの名称およびロゴ、Virtex、そのほか本プレスリリースに記載のブランド名は米国およびそのほか各国のザイリンクス社の登録商標または商標です。PCI Express は PCI-SIG の商標で同社のライセンス規約に基づいて使用されます。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

報道関係問い合わせ先

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

日立情報通信エンジニアリング株式会社
経営・事業企画本部 企画部[担当:中村]
〒220-6122
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22F
電話:045-227-2466 (ダイヤルイン)

ザイリンクス株式会社
マーケティング本部[担当:竹腰]
〒141-0032
東京都品川区大崎 1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー 4F
電話:03-6744-7740 (代表)

株式会社井之上パブリックリレーションズ
[ザイリンクス広報担当:鈴木/関]
〒160-0004
東京都新宿区四谷 4-34 新宿御苑前アネックスビル 6F
電話:03-5269-2301 (代表)

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。