ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、 営業窓口からご確認ください。

2010年3月9日

次世代画像処理向け開発検証ボード&ソリューションを提供開始

アルテラ「Stratix IV GX」FPGAにより、高速・高品質の画像処理を実現

日立情報通信エンジニアリング株式会社(代表取締役社長: 若井 勝郎、本社:神奈川県横浜市)は、アルテラ・コーポレーション(社長兼CEO:ジョン・デイナ、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、日本法人:日本アルテラ株式会社、東京都新宿区、代表取締役社長:日隈 寛和、以下、アルテラ)のFPGA「Stratix® IV GX」を搭載する画像処理開発検証ボードおよび関連ソリューションを、本日より提供開始することを発表いたします。

ハイビジョン対応の薄型テレビが広く家庭に普及する中、業界では、より高品位な映像の提供を目指して、ハイビジョンの4倍の解像度を持つ「4K動画」、16倍の解像度を持つ「スーパーハイビジョン」の実用化が進んでいます。次世代画像を取り扱う次世代のテレビ、カメラ、プロジェクタなどの機器においては、従来と比較して大幅な高性能化と、それを実現するための高度な技術が要求され、優れた開発検証環境の構築が不可欠となっています。

画像処理における高速・高品質開発検証環境へのニーズに応えるべく、日立情報通信エンジニアリング株式会社は、最新インタフェースに対応する画像処理開発検証ボードを関連ソリューションとともに提供いたします。ワンストップの開発検証環境により、ソフトウェアとハードウェアを並行開発しつつ、それぞれの完成を待つことなく検証を開始することができるようになり、その結果、開発の手戻りをなくし、開発期間の大幅短縮を図ることが可能となります。

写真1: 画像処理開発検証ボード
写真1: 画像処理開発検証ボード

写真2: Stratix IV GX FPGA
写真2: Stratix IV GX FPGA

日立情報通信エンジニアリング株式会社が開発した画像処理開発検証ボードは、次世代画像処理の分野で開発検証環境を提供するハードウェアで、画像入出力最大48Gbit/sにまで拡張可能な処理能力と、モジュール化によるインタフェース仕様の最適化・拡張性により、開発の品質向上・期間短縮(最大30%)、および、その結果としてのコスト削減を実現します。同社では画像処理ソリューションの受託開発において豊富な経験を有していることから、これまで蓄積したノウハウをもとに、ボード単体ではなく、各種IPコアの提供や、カスタム機能やシステム全体の具体設計を含む、お客さまの要件に適した幅広いソリューションとして提供を行います。IPコアには、アルテラの開発ソフトウェア「Quartus® II」に標準搭載されている「SOPC Builder」を利用できるように設計されており、これにより、IP活用の利点を最大限に発揮することができます。

本画像処理開発検証ボードで採用したFPGAはアルテラのStratix IV GXです。最大8.5Gbit/sで動作するトランシーバを備え、DDR3、3G-SDIなどの最先端の規格にも対応しており、次世代画像処理に適した性能・構成を持っています。Stratix IV GXの採用により、開発検証終了後の製品化も容易になります。

日立情報通信エンジニアリング株式会社と日本アルテラ株式会社は、お客さまの製品開発における要望・課題にお応えすべく、今後とも協調してまいります。

アルテラ Stratix IVシリーズ

Stratix IV FPGAはアルテラのフラッグシップ製品で、最高水準の集積度と性能を低消費電力で実現した40nm FPGAです。トランシーバ内蔵(GT/GX)バージョンと、集積度・性能をより追求したエンハンスト(E)バージョンの2種類の製品で構成され、現在量産出荷中です。

日立情報通信エンジニアリング株式会社 画像処理開発検証ボード

組込み開発加速を支援する同社のDesignBench*コンセプトに基づき、Stratix IV GXを用いて開発しました。関連のIPコアなどとあわせ、エンジニアリングソリューションサービスとして開発者の皆さまに提供いたします。(*「DesignBench」は商標登録出願中です。)

(1)主な仕様

項目 構成
基本 オプション
画像入力 3G-SDI 2ch DVI Dual/Single-Link 2ch
ビデオ形式 1,920 × 1,080 画素 60p 2ch ビデオ形式 3,840 × 2,160 画素 60p 1ch
画像出力 3G-SDI 2ch DVI Dual-Link 2ch
ビデオ形式 1,920 × 1,080 画素 60p 2ch ビデオ形式 3,840 × 2,160 画素 60p 1ch
ベース⇔オプションボード間インタフェース 入力:2.97Gbit/s, 8ch(光)
出力: (同上)
外部インタフェース PC:PCI-Express(Gen. 2)x 8:実効20Gbit/s
LogicBench:LVDS 16ch (入出力独立):実効20Gbit/s
搭載メモリ DDR3 1,066Mbit/s 2ch(64bit)
搭載FPGA Altera Stratix IV GX FPGA 110・530(各1個) または 230(2個)

(2)ソリューション

画像処理開発検証ボードのハードウェアとともに、開発環境・各種IPコアから具体的設計まで、幅広くご提供いたします。

(3)価格

個別見積り(ボード単体での販売はいたしません)

(4)販売開始

即日

商標について

ALTERA、STRATIX、QUARTUSおよびAlteraとStratixロゴマークは、アルテラ・コーポレーションの日本およびその他の国における登録商標です。その他記載されている製品名あるいはサービス名は各所有企業に帰属します。

報道関係問い合わせ先

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

日立情報通信エンジニアリング株式会社
経営・事業企画本部 企画部[担当:中村]
〒220-6122
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22F
電話:045-227-2466 (ダイヤルイン)

日本アルテラ株式会社
マーケティング部[広報:渋谷]
〒163-1332
東京都新宿区西新宿6丁目5番1号 新宿アイランドタワー 32F
電話:03-3340-9480 (代表)

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

ALTERA(新規ウィンドウで表示)