ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、 営業窓口からご確認ください。

2009年2月3日

日立情報通信エンジニアリングとテンシリカ、LSI開発ソリューションで協業

「Xtensa」のコンフィギュレーション評価を「LogicBench」で早期に実現

  日立情報通信エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:若井 勝郎、本社:神奈川県横浜市、以下 日立情報通信エンジニアリング)は、カスタマイザブルで拡張可能なマイクロプロセッサ・コアのリーディング・サプライヤである米国テンシリカ(President and CEO:Jack Guedj、本社:カリフォルニア州サンタクララ、以下 テンシリカ)との協業を開始します。
  テンシリカのコンフィギュラブル・プロセッサ・コアXtensa(以下Xtensa)を使用した各種のLSI開発に、日立情報通信エンジニアリングのシステムレベル設計用標準開発プラットフォームLogicBenchを用いて、開発期間の大幅な短縮と開発費用の大幅な削減を可能にします。テンシリカと日立情報通信エンジニアリングは、双方の製品を相互にお客さまへ紹介しあうことに合意し、より高度なLSI開発ソリューションを提供いたします。

  テンシリカのXtensaは、高性能DSP (オーディオ、ビデオ、画像処理、ベースバンド信号処理)と、組込みRISC処理機能 (セキュリティ、ネットワーク、組込みコントロール等)のコンフィギュラブル・プロセッサ・コアとして多くの製品に採用されています。テンシリカと日立情報通信エンジニアリングの連携ソリューションにより、開発プロセスの早い段階でのコンフィギュレーション評価・検証の実施、開発期間の大幅な短縮、ならびにLSI再製費用など開発費用の大幅な削減を実現します。

  具体的には、XtensaとLogicBenchの連携において、LogicBenchのPC連動インタフェース機能を強化し、テンシリカ純正のXtensa開発環境(命令セットシミュレータ)とLogicBenchとの間で、高速なトランザクションレベルの通信を可能としました。これにより、Xtensaのさまざまなコンフィギュレーション条件や、ユーザ定義の拡張命令の評価・検証を短期間に実現できるようにしました。
  LogicBenchは、Xtensaを含んだ1,000万ゲート超の大規模なLSIの検証において、従来のHDLシミュレーション、またはC言語シミュレーションと比べて、10〜10,000倍の性能向上を実現し、初期のアーキテクチャ検証期間やソフトウェアおよびハードウェアの開発期間を大幅に短縮します。

コンフィギュレーション変更に対応したアーキテクチャ検証(プロファイリング)を早期に実現

関連情報

テンシリカ株式会社について

テンシリカは、カスタマイザブル・データプレーン・プロセッサをリードする企業として知られています。データプレーン・プロセッサ・ユニット(Dataplane Processor Units : DPU)とは、高性能DSP(オーディオ、ビデオ、画像処理、ベースバンド信号処理)と、組込みRISC処理機能(セキュリティ、ネットワーク、組込みコントロール等)になります。テンシリカのアプリケーションに特化したプロセッサコアを生成する自動設計ツールにより、特定のデータプレーンの性能目標を達成できるよう、迅速なカスタマイズが可能となります。テンシリカのDSPおよびプロセッサは、大手半導体企業や革新的な新興企業、システムOEM企業に提供されており、携帯電話や携帯型メディア・プレーヤー、デジタルテレビ、ブロードバンド・セットトップ・ボックスなどのコンシューマ向けエレクトロニクス製品、コンピュータおよびストレージ、ネットワークおよび通信装置等を含む量産製品向けソリューションで使用されています。テンシリカのプロセッサ技術に関する特許や、ベンチマーク結果等、詳細な情報はwww.tensilica.comとwww.tensilica.co.jp (日本語)をご覧ください。

日立情報通信エンジニアリング株式会社について

日立情報通信エンジニアリング株式会社は、LSI、FPGA、ボードおよびシステムについて仕様の検討から設計、検証、製造までのワンストップ・サービスを提供しています。日立情報通信エンジニアリングは、数百万ゲートから1千万ゲート超クラスのLSIを再製せずに開発・検証する実績を数多く持つシステムレベル設計用標準開発プラットフォーム LogicBench と、社内の設計・検証エンジニアの持つ豊富な経験のシナジー効果により、お客さまの悩みを解決するLSI開発・検証ソリューションを幅広い分野に提供しています。

商標について

  • Tensilica、Xtensaは、Tensilica, Inc.の登録商標です。
  • LogicBench、VirtualTurboは日立情報通信エンジニアリング株式会社の登録商標です。
  • その他記載された社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
  • 各製品は各社より、個別に販売します。

報道関係問い合わせ先

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

日立情報通信エンジニアリング株式会社
経営・事業企画本部 ブランド戦略部[担当:中村]
〒220-6122
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22F
電話:045-227-2468 (ダイヤルイン)

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。