ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、 営業窓口からご確認ください。

2008年10月27日

放送と通信を融合したデジタル放送多重化装置「UM5000」販売開始

エリア限定型ワンセグ放送やIPマルチキャスト放送に最適

 日立情報通信エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:若井 勝郎、本社:神奈川県横浜市)は、放送(DVB-ASI*1)と通信(IP)の双方に対応可能なデジタル放送信号多重化装置「UM5000」を2008年10月27日より販売開始いたします。
 放送局内ではDVB-ASI、通信局ではEthernetが使用され、インタフェースが異なります。それらを集約する局内では、複数の専用変換装置でインタフェースを統一し伝送します。本装置はMPEG-2 TSの多重化機能に加え、異なる信号規格の変換機能、IP配信機能を装備しているため、従来必要であった複数の専用変換装置が不要となり、局内の設備コストを低減することができます。また、電源の2重化により電源系統を分離することで電源障害を避けることができ、システムの信頼性を向上することができます。本装置は入力としてさまざまなコンテンツを扱うことができるため、従来の地上デジタル放送システムへの適用はもちろん、エリア限定型放送システムやIPマルチキャスト放送システム、MPEG-2 TS IP伝送サービスなど幅広い用途で柔軟にお使いいただけます。

 NGNの時代に突入し、通信事業者もIP網を介して放送を開始する時代となりました。放送と通信の融合が加速化しており、NGNを利用した放送へのニーズが高まっています。
 当社では従来よりデジタル放送多重化装置「UNIMUX」を提供してきましたが、このラインアップに本製品を加えることで、放送局内の設備投資の軽減とさまざまなコンテンツの柔軟な配信を同時に実現しました。今後も当社ではNGN時代における、お客さまの放送システムを支える装置や技術を提供し、放送と通信の融合に貢献してまいります。

UM5000の特長

(1) DVB-ASIとIPのインタフェース相互変換機能内蔵で多重化に対応

TS*2とIP相互変換機能を装備しているため、本装置1台で放送局内のコンテンツとIP網で送られたライブ映像などのコンテンツを多重することができます。複数のTS・IP相互の変換装置が不要となり、設備コストの低減が可能です。

(2) 放送TS出力に対応

本装置では放送TSを出力するため、OFDM変調器と直接接続することで、エリア限定型放送(ワンセグ)に適用できます。また、本装置を送信側と受信側双方にお使いいただくことで、IP網を介して送受信することが可能です。

(3) マルチキャスト伝送に対応

IPでは、TS/TTS*3/RTP*4/UDP*5/IPv4(v6)マルチキャストでの送受信に対応しています。 MPEG-2 TSの伝送ではTTS入出力も可能なため、伝送するパケット数を削減でき、伝送帯域の有効利用と通信コストの低減が可能です。

(4) MPEG-2 PS*6入力に対応

本装置に監視システムなどのIPカメラを直接接続することができます。本装置内でPSI/SI*7を生成し多重できるため、地上デジタル放送用受信機によるカメラ映像のモニタが可能です。

(5) 多チャンネル切り替え配信に対応

多チャンネルを入力し切り替え制御を行うことができます。サーバに蓄積したコンテンツの配信時にニュース、ライブ映像などのリアルタイム配信に切り替える際にご利用いただけます。

(6) 薄型、高信頼性

EIA19インチラック1ユニットに搭載することができます。また、電源の2重化により電源系統を分離することで電源障害を避けることができ、システムの信頼性を向上することができます。(1ユニット= 1.75インチ (44.45mm))

*1
DVB-ASI:Digital Video Broadcasting - Asynchronous Serial Interface
*2
TS: Transport Stream
*3
TTS:Timestamped TS
*4
RTP: Real-time Transport Protocol
*5
UDP: User Datagram Protocol
*6
PS:Program Stream
*7
PSI/SI:Program Specific Information/Service Information

参考価格(消費税抜き)

1台450万円

出荷予定時期および販売目標

出荷予定時期:2008年10月27日
2009年度売上げ目標:映像送出システムを含め4億円

「UM5000」は2008年11月19日(水)〜21日(金)に 幕張メッセで開催される「InterBEE2008」の株式会社 日立国際電気ブース(ホール7 No.7216)内にてご覧いただけます。

商標について

「ユニマックス UNIMUX」は日立情報通信エンジニアリング株式会社の登録商標です。

報道関係問い合わせ先

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

日立情報通信エンジニアリング株式会社
経営・事業企画本部 ブランド戦略部[担当:中村]
〒220-6122
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22F
電話:045-227-2466 (ダイヤルイン)

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。