ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、 営業窓口からご確認ください。

2007年1月23日
NECシステムテクノロジー株式会社
日立情報通信エンジニアリング株式会社

C言語ベースのシステムLSI設計・システム検証環境の連携

〜「CyberWorkBench」と「LogicBench」の連携でC言語システム設計を強化〜

 NECシステムテクノロジー株式会社(代表取締役執行役員社長:今泉澄夫)と、日立情報通信エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:若井勝郎)は、C言語ベースのシステムLSI設計環境である「CyberWorkBench」と、システム設計のためのプロトタイピングプラットフォームである「LogicBench」を連携することにより、C言語ベースのシステムLSI設計・検証環境を強化します。これにより、ますます大規模化、高機能化するLSIシステムの、開発期間の大幅短縮、ならびに効率化を実現するとともに、同設計環境の国内市場での普及促進をはかって参ります。

 NECシステムテクノロジーは、動作合成から形式検証までのシステムLSI設計の全工程をC言語で実行する“All-in-C”コンセプト*1の設計環境である「CyberWorkBench」の検証環境を強化するため、日立情報通信エンジニアリングが提供するプロトタイピングプラットフォーム「LogicBench」を新たな検証環境として追加致します。

 日立情報通信エンジニアリングは、プロトタイピングプラットフォーム「LogicBench」がカバーするプラットフォームにNECシステムテクノロジーのシステムLSI設計環境「CyberWorkBench」を新たに加え、アルゴリズム設計からFPGA*2プロトタイピングまでのシステム設計の全工程で一貫した検証プラットフォームを提供する事業を強化します。

 このたび強化、実現するシステムLSI設計環境の効果は次のとおりです。

1. 1千万ゲート以上の論理のマッピングを可能とし、大規模システムLSIの設計を容易化

4個のFPGAをコンパクト(120mm×120mm)に実装した「LogicBench」の使用により、「CyberWorkBench」でC言語から生成した5百万ゲートクラスのシステムLSI論理全体を、容易にマッピングできる。また、「LogicBench」を積み重ねて使用することにより、1千万ゲート以上の論理のマッピングも可能とする。

2. 検証速度を数百倍まで高速化

「LogicBench」とPCの連動を可能にする専用のPCIボード「VirtualTurbo」を用いることにより、「LogicBench」を論理シミュレータ、あるいはCモデル検証と連動させ、検証速度を加速できる。また、デザインを「LogicBench」に取り込むことで、Cモデル検証を従来の数百倍となる数十MHzにまで、高速化が可能となる。

 なお、本製品は、2007年1月25日〜26日にパシフィコ横浜で開催される「Electronic Design and Solution Fair 2007」に出展致します。

 近年の電子製品の高機能化・小型化の著しい進展に伴い、大規模なシステムLSIの開発が増加しています。非常に短い開発サイクルでありながら高品質を要求される製品開発においては、各々の工程を極力短縮する必要があり、大規模システムLSI開発も従来以上の短期開発が重要となります。NECシステムテクノロジーと日立情報通信エンジニアリングは、今後も両社の得意分野を活かし、また連携を深め、組込み開発ソリューションのさらなる向上をはかるべく邁進して参ります。

*1
All-in-C”コンセプト:
「ハードウェアを構成するあらゆるモジュールの設計をC言語で行う(all modules in C)」、「設計も検証もC言語で行う(all processes in C)」という、二つの意味により成り立つ。
*2
FPGA:Field Programmable Gate Array
プログラミングが可能なLSI。
*3
CyberWorkBenchは、日本電気株式会社の登録商標です。LogicBench、VirtualTurboは、日立情報通信エンジニアリング株式会社の登録商標です。その他記載された社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

「CyberWorkBench」と「LogicBench」を活用したLSIの設計フロー

[画像]「CyberWorkBench」と「LogicBench」を活用したLSIの設計フロー

お問い合わせ

製品に関する問い合わせ先

NECシステムテクノロジー
CWB事業推進室 岡田
電話:044-435-5630 (直通)
WebサイトURL: http://www.cyberworkbench.com

日立情報通信エンジニアリング株式会社
エンジニアリング営業本部 テクノロジ営業部
電話:0465-81-8192・8194
e-mail:
WebサイトURL: http://www.hitachi-ite.co.jp/

報道に関する問い合わせ先

NECシステムテクノロジー
経営企画部 広報 圓藤(エンドウ)
電話:06-6945-3400 (直通)
e-mail: press@necst.co.jp

日立情報通信エンジニアリング株式会社
ブランド戦略部 中村
電話:045-227-2468
e-mail:

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。