ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

日立グループの行動規範の周知徹底

当社は、2010年、日立グループにおいて共通する具体的な行動規範をまとめ、「日立グループ行動規範」として会社規則に制定し、その遵守を目的とした倫理・コンプライアンス教育を社員に対し定期的に行っています。

毎年10月に「企業倫理月間」を実施

2009年10月1日社長メッセージが発せられ、毎年10月を「企業倫理月間」と定めました。倫理月間においては、特にトップの率先垂範による企業倫理の確立、法令順守の徹底に取り組んでいます。

「基本と正道の徹底運動」を実施

当社は、常に仕事の中に、社会やお客さまからの信頼の失墜につながるリスクを抱えていることを認識し、「基本と正道」に則った事業活動と日立グループ行動規範の遵守を目的とした「基本と正道の徹底運動」を継続的に実施しています。

情報セキュリティ

お客さまをはじめ関連企業や組織などのさまざまな情報を取り扱う過程で、その管理を重要な責務と認識し、情報管理体制の確立と管理徹底に努めています。 各種のセキュリティ脅威から情報を保護するため、情報セキュリティ方針を定め、役員および従業員に周知、徹底をするとともに、全ての情報を適切に保護するための安全対策の実施、情報セキュリティ教育を行っています。

「機密・個人情報管理4原則」の制定

当社は、業務上知り得た個人情報、機密情報を厳格に管理するために、日立情報通信エンジニアリングとしての「機密・個人情報管理4原則」を制定しています。

  1. 機密・個人情報は、原則、作業場所から持ち出さない。
  2. 機密・個人情報を持出す場合は、必ず上長の承認を取る。
    • 承認にあたっては、顧客との契約内容を確認する。
    • 契約内容から判断できない場合は顧客に確認する。
  3. 機密・個人情報をモバイルPCなどに保存し、持出す場合は必ずセキュリティ対策を行う。
  4. 個人情報は、利用目的を特定し、本人の同意のうえ取得・利用する。

個人情報保護への取り組み

当社は、情報通信企業として技術情報や、お客さまからお預かりする情報をはじめさまざまな情報を取扱っております。当社ではこれら情報価値を尊重し、情報管理体制の確立とその徹底に努めております。当社は個人情報が個人の人格尊重の理念のもとで適正かつ慎重に取り扱われるべきものであることから、個人情報保護につきましては、規則の制定および管理体制の確立を図ると共に、以下に掲げる個人情報保護方針を定め、役員および従業員などに周知し、この方針に従い適切な運営に努めてまいります。

プライバシーマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会より個人情報の適切な取扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

当社の個人情報保護方針については、次のページをご参照ください。

品質保証への取り組み

信頼性は日立グループのコアコンピタンスであり、世界トップレベルの信頼性確保に挑戦し、事業に取り組んでいます。 当社でもISO9001を認証取得し、商談・受注段階から製品開発、生産、そしてお客さまにおけるシステム運用まで、各段階での高品質な業務プロセスと継続的な改善により、お客さま満足度の向上を図っています。